プリセッション電子回折使用できます。

現在、当室において NanoMEGAS社のプリセッション電子回折装置Spinningstar P020をデモ運用中です。

Spinningstarを使用すると、入射ビームを歳差運動させて電子回折実験が行えるため、動力学的回折効果の影響を軽減できます。

多重回折による反射がかなり抑えられるため、対象性の評価が容易になります。

その他、全方位暗視野像の観察も可能です。

結晶構造解析および、微細組織の評価に有用です。

当室では本装置を002Bに取り付けており、常時使用可能となっております。

なお、デモ機の貸し出し期限は今年度(2015年度)中となっておりますので、興味をもたれた方はお早めにご相談ください。

参考サイト

現行機は名称がSpinningstarからDigistarに変更されていますので、Digistarの情報をご参照ください。

http://www.ads-img.co.jp/ad_categories/maker/nanomegas/

 

http://www.nanomegas.com/

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください