学内で利用できるTEM(物質・材料向け)

本ページは、東北大学内で公開されている材料物質向けTEMを独自に調査したものです。実際に使用を希望される場合は各部門の担当者までお問い合わせください。

このページの情報は古い可能性があります。利用料金、使用の可否を含めて、詳細は各部門担当者までお問い合わせ願います。

装置 型番/形式 料金(h) FE
*1
収差補正
*2
高分解能
*3
高傾斜
*4
EDS
*5
マップ
*6
EELS
*7
備考
分析TEM TOPCON 002B
(分析)
¥2,000/h
FE-TEM/STEM ARM-200F
(金研)
TEM/STEM  ナノプラ
FE-TEM/STEM ARM-200F
(マテ)
¥2,000/h STEM マテ系外
TEM/STEM 2100HR
(マテ)
¥1,000/h マテ系外
FE-TEM/STEM 2100F
(工学部)
¥3,000+¥800/h 学内料金
FE-TEM HF2000
(工学部)
¥1,080/h 学内料金
300kVFE-TEM/STEM Titan80-300
(先端)
¥3,051/h TEM 学内料金
300kVFE-TEM/STEM TitanG2cubed
(先端)
¥3,502/h TEM/STEM 学内料金
TEM JEM-2000EXII
(分析)
¥1,200/h フィルム
¥400/枚
TEM 2100HC
(マテ)
¥1,000/h マテ系外
300kVTEM 3010
(先端)
¥1,505/h 学内料金
イオンミリング Model 1010
(分析)
¥200/h
イオンミリング PIPS
(マテ)
¥100/h マテ系外
イオンミリング PIPS
(工学部)
¥100/h マテ系外
イオンミリング Model 1010
(先端)
¥1,147/h 学内料金
イオンスライサ EM-09100 IS
(分析)
¥1,000/h
FIB Quanta3D
(先端)
¥1,692/h 学内料金
FIB Versa3D
(先端)
¥1,692/h 学内料金
FIB JIB-4600F
(マテ)
¥3,000/h マテ系外
(代行)

(分析) 分析電子顕微鏡室
(先端) 先端電子顕微鏡センター
(金研) 金属材料研究所
(工学部) 工学部技術部
(マテ) マテリアル・開発系

*1 電界放出型電子銃
*2 球面収差補正
*3 高分解能像(◎は収差補正装置搭載)
*4 ○約35° ◎約60°
*5 組成分析(EDS)
*6 マッピング
*7 EELS

2015/8/27 調べ

参考 TSC経由で利用可能な電子顕微鏡