nagasako のすべての投稿

サイト休止のお知らせ(停電対応)

本サイトは下記の通り休止致します。

期間 2016年8月5日(金) 17:00頃~2016年8月8日(月)10:00頃

理由 8月7日(日)に片平団地の計画停電が予定されているため。

上記期間中はWEB予約システム等も停止いたします。

停止期間は前後する場合がございます。

以上ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

 

予約WEBシステムへのユーザー登録に関する不具合について

利用者各位

いつも当室をご利用いただきありがとうございます。
当室の予約WEBシステムのご使用には利用者毎のユーザー登録が必要になりますが、サーバーの更新に伴いWEBサイト上からのユーザー登録フォームが正しく機能しない状態になっておりました。

利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありません。

既にプログラムには修正を施し正常にユーザー登録が可能であることを確認しております。

取り急ぎご報告申し上げます。

当サイトのアドレスを変更しました。

当サイトのURLを下記の通り変更しました。
ブックマークを登録されている場合は変更のほどよろしくお願いします。

旧URL aem-www.imr.tohoku.ac.jp/wordpress/
新URL aem-www.imr.tohoku.ac.jp/

当面は旧URLの使用も可能です。旧URLで本サイトにアクセスした場合は、自動的に新URLにリダイレクトされますが、一部のページについては正しく表示されない可能性があります。不明な点は当室スタッフまでお問い合わせください。

熊本地震による被災地域の研究者支援

この度の熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

分析電顕室では熊本地震被災地の材料科学分野の研究者に対する分析・解析支援を行っております。本ホームページに掲載してある装置を用いた電子顕微鏡による構造解析に関わる支援をご希望される場合、技術的に対応可能かどうかを個別にご相談させていただきますので、まず下記のアドレスに直接問合せをしてください。

電子顕微鏡 nagasako (担当:長迫)

元素分析に関わる支援については分析コアのホームページ(http://bunseki-core.imr.tohoku.ac.jp/ )をご覧ください。

装置利用料金及び使用可能財源の改訂について

利用者の皆様

先般お知らせしましたとおり、今年度より当室の利用料金並びに使用可能財源の改定を予定しておりましたが、必要な手続きが完了しましたのでお知らせ致します。

改訂後の使用可能財源(負担経費)は以下の通りです。

  • 運営費交付金
  • 寄附金
  • 間接経費
  • 科学研究費助成金
  • 受託研究費
  • 共同研究費
  • 受託事業費
  • 預り補助金

利用料金は以下の通りです。

 装置等料金備考
1TOPCON
EM-002B
¥1,500/h
2JEOL
JEM-2000EX II
¥1,000/hフィルム代 400円/枚
3JEOL
JEM-ARM200F
¥3,000/h初習者の単独使用はできません。観察代行・もしくは立会観察をご依頼ください。
4イオンスライサ¥1,500/h前処理*を含まない
5イオンミリング¥300/h前処理**を含まない
6試料作製準備室¥500/半日(4h)低速カッター、平行研磨機、
回転湿式研磨機、バフ、
ホットプレート、ディンプラー、
光学顕微鏡等
7試料作製消耗品無料(準備室使用者)研磨紙、補強用メッシュ、
接着剤、研磨砥粒等
一部消耗品は実費
8技術支援料¥3,000/h

利用料金詳細

負担経費ごとに利用申請手続きが必要になります。 不明な点は当室スタッフへお尋ねください。

 

試料作製手順 (バルク・平面試料)

試料作製手順(平面試料)

 工程内容主な使用装置
1切り出し厚さ500μm~1mm程度の板状試料を切り出す。低速カッター
2粗研磨・平行研磨厚さ100μm以下の平行な板状に研磨する。
平行研磨機・耐水研磨紙
3打ち抜き・ディスク加工φ3mmの円板状に加工する。
試料サイズがやや足りない場合も後述のメッシュ貼り付けで対応可能な場合は次の工程へ。
ディスクパンチ・超音波加工機
4精研磨厚さ20-50μm程度に薄板化する。
強磁性体はできるだけ薄くする。
薄くしすぎると試料が変形する場合がある。
平行研磨機・耐水研磨紙
5仕上げ研磨鏡面研磨する。バフ研磨機
6ディンプリング試料中心に凹みをつける。
ダメージが問題になる場合は省略する場合もある。
ディンプラー
7補強メッシュ貼り付け必要に応じて補強メッシュを貼り付ける。エポキシ系接着剤・ホットプレート
8本加工(イオン研磨)薄膜化する。
試料材質及びディンプリング後の初期厚さで加工時間が大きく変わります。
イオンミリング
通常の無機・金属材料平面試料の加工手順

前処理(予備加工):手順1~7
本加工:手順8

当室利用者は本加工のみ、または前処理を含めた全行程を当室に依頼できます。
本加工のみを当室で行う場合は、装置利用料のみが課金されます。
前処理を当室に依頼する場合は、作業時間に応じた技術支援料が課金されます。

装置予約システム使用方法を掲載しました

利用者各位

いつも分析電顕室をご利用いただきありがとうございます。

装置予約システムの使用方法を更新しました。当室の使用には、利用申請手続きに加えて、ユーザー毎にWEB上で装置予約システムへの登録が必要になります。ご利用を予定されている方は予め予約システムへのユーザー登録をお願いします。

 

学外からのファイルサーバへの接続について

ユーザー各位

分析電顕室では利用者のデータ持ち出し用にファイルサーバを運用していますが、セキュリティ向上のために、学外からのFTP接続を制限させていただくことになりました。学外からデータを取り出す場合は、WEBインターフェースをご使用ください。 続きを読む 学外からのファイルサーバへの接続について

2016年4月以降のマシンタイム予約について

利用者各位

いつも分析電顕室をご利用いただきありがとうございます。

先日2016/4/1以降のマシンタイム予約の一時制限について、お知らせさせていただきましたが、現在は、ユーザー毎にWEB状から直接予約可能となっています。なお、当室の使用には年度毎に利用手続きが必要になりますので、各研究室の使用責任者の方はあらかじめ利用申請をお済ませください。

スタッフ不在日時(2016年4-7月)

ユーザー各位

いつも分析電顕室をご利用いただきありがとうございます。

当室では分析コアゼミ等のためスタッフが不在になる場合がございます。スタッフ不在中でも装置使用は可能ですが、観察補助等の支援は提供できませんのであらかじめご了承ください。 続きを読む スタッフ不在日時(2016年4-7月)

分散法等で作製した試料は十分に乾燥させてください

当室ユーザーの皆様

最近、TEM使用中に高圧が落ちてしまう事例が発生しております。原因の一つとして、試料から発生するガスにより真空度が悪化し、放電が生じているケースが考えられます。

場合によっては、予定していた観察が行えないだけではなく、装置のクリーニングや補修が必要になります。

アルコール等の溶媒で分散させた微粒子サンプルを観察する場合は、十分に乾燥させてからTEM内へ導入するようお願い致します。 続きを読む 分散法等で作製した試料は十分に乾燥させてください

サーバーを更新しました

本日、当サイトをホストしているサーバー及びネットワーク機器を更新しました。

影響を受ける可能性があるのは、当サイト及び、分析電顕室予約管理システム、並びにARM-200F予約管理システムです。

一通り正常に動作することを確認しておりますが、不具合等お気づきの点がございましたら、分析電顕室までご連絡お願い致します。

 

学外からのファイルサーバへのアクセス制限について

分析電子顕微鏡室ユーザーの皆様

当室では実験データの保存の為にファイルサーバを運用しており、希望するユーザーの方には所外・学外からも各ユーザーのデータを取り出せるよう設定しております。

現在このサービスは学内及び特定の国内ISPからのみアクセスを許可しております。ファイアウォールにて明示的にアクセス許可対象のIPアドレスを指定しているため、利用するISPによっては国内からのアクセスの場合でも通信できない場合がございます。 続きを読む 学外からのファイルサーバへのアクセス制限について

リマインダメール始めました。

当室ユーザーの皆様

本日より、マシンタイム予約のリマインダメールの試験送信を開始しました。

使用予定日前日のお昼頃に、予約をされているユーザーの方(メールアドレスを登録されている方のみ)にはリマインダが届きます。スケジュールの確認にご使用ください。

なお、リマインダ機能は現在試験中ですので、不具合、ご要望等ございましたらご報告いただけると幸いです。

初習者向け1・試料作製の注意点 1

いつも金研分析電顕室をご利用いただきありがとうございます。
当室ではユーザーの依頼に応じてTEM用薄膜試料の作製を行っております。

今回は試料作製を依頼される場合の注意点を案内させていただきます。

光顕・SEM等での低倍観察はお済みでしょうか? 続きを読む 初習者向け1・試料作製の注意点 1