押印廃止対応に伴う、利用手続きの変更について

利用者各位

いつも金研分析電顕室をご利用頂きありがとうございます。

当室では事務手続きの簡略化並びに昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、2021年度より利用手続きの完全オンライン化を実施いたします。

既に手続きの一部はオンライン化を済ませておりますが、本年度より紙ベースの申請書のやり取りが不要となります。

手続き方法の変更に伴いご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いします。

詳細な手続き方法については準備が改めて本サイト上で案内する予定ですが、基本的な方法は昨年までと同様ですので、当面は以下の利用案内(暫定版)を参照にお手続き願います。

利用案内(暫定版)

  1. 支払い財源を管理している、部局の経理担当(司計係・経理係等)に問い合わせて担当者の連絡先(氏名、メールアドレス、内線番号)を確認する。
  2. 利用手続き(従来版)に従い、支払い財源情報を登録する。
    1. 部局の経理担当情報の入力が必須です。
      • 昨年までは、出力済みの申請書へ経理担当の押印をいただいてましたが、財源の使用可否については当室から照会いたします。
    2. WEB申請方法の操作⼿順5まで進み、画面下部の「申請書提出」ボタンをクリックしてください。
      • 本操作で、申請書の写しが経理担当へ送信され、確認後に、財源の使用可否等が当室へ通知されます。
      • 経理確認で問題がなければ、当室で課題番号を設定し、コア長が使用承認します。
    3. 課題番号が割り当てられた時点で、装置予約が可能となります。
      • コア長承認の段階で、利用者には通知メールを送付いたします。(準備中)
      • 申請の受付状況は操作手順5の画面で確認可能です。
      • 申請書の写しは、同一画面からダウンロード可能です。

不明な点はお尋ねください

分析電顕室