分析電顕室について

JEM-ARM200F(JEOL)
卓上半自動研磨機(マルトー)
低速精密切断機 (BUEHLER)
ディンプルグラインダー (Gatan)
EM-09100IS イオンスライサ(JEOL)
ソフトプラズマエッチング装置 (メイワフォーシス)
実体顕微鏡(Nikon)
ホットプレート
イオンミリング Model1010 (fischione)
ホルダーステーション
PIPSII
EM-002B (TOPCON)
真空乾燥器 AVO-200NS
JEM-2000EXII(JEOL)
Neoc-Pro オスミウムコータ (メイワフォーシス製)

分析電子顕微鏡室(分析電顕室)は東北大学金属材料研究所材料分析研究コアに属します。主な業務として、所内・学内より依頼される金属・無機材料の、透過電子顕微鏡(TEM)による組織観察・構造解析・組成分析を行っています。

※化学分析に関しては材料分析研究コアのサイトをご覧ください。

業務内容

  • 透過電子顕微鏡の管理調整
  • 研究支援
    • 観察代行
    • 試料作製
    • 透過電子顕微鏡使用者のトレーニング
  • 技術相談
  • 共同研究

スタッフ

  • 助手    長迫 実
  • 助手    大和田 めぐみ
  • 技術専門職員  伊藤 俊